本文へジャンプ
  1. 収納代行サービスWebサイト>
  2. お悩み・課題解決>
  3. 決済手数料などのコストに関する悩みを解決したい
決済の導入・運用に関するお悩み

決済手数料などのコストに関する悩みを解決したい

こんなお悩みありませんか 高額商品を取り扱っており料率で決済手数料がかかるとコスト高。 複数の収納代行・決済会社を使っていて業務が非効率である。未回収リスクのない決済を使っているが決済手数料が高い! 導入する決済を最適化することにより、コスト削減が実現できます!
ケース1

高額商品の決済手数料を削減したい通販事業者

高額商品では、クレジットカード決済、ショッピングローンなどが人気の決済手段なのですが、決済手数料が高いのが難点です。
手数料が商品の金額に対して料率で計算されるので、高額商品になればなるほど、決済手数料も高額に。

例えば、家電・PCのECショップなどでは高額商品が多いため、どうしても決済手数料が高くなってしまいます。

少しでも、高額商品の決済手数料を削減する方法はないのでしょうか?

解決のカギ 手数料が料率ではない決済を導入することにより、決済手数料を削減できます!

高額商品を購入するときに人気の決済はクレジットカード決済やショッピングローンですが、こういった決済方法に不安を感じるお客様もおり、安心して便利に使えるコンビニ決済を選ぶお客様も一定の割合いらっしゃいます。

こういったことから、高額商品を取り扱う場合はクレジットカード決済やショッピングローンに加え、コンビニ決済も用意しておくことをおすすめします。コンビニ決済の割合が増えれば、全体として決済手数料にかかるコストが削減されます。

特に未回収リスクのない前払いに適したペーパーレスのコンビニ決済がお勧めです。

おすすめの収納代行サービス

電算システムでは未回収リスクのない前払いに適した決済をご用意しています。

最適な決済方法がわからないという方は、まずはご相談下さい。

担当者が事業者様の取り扱い商材や販売戦略などをヒアリングさせていただき、最適な決済方法をご提案いたします。

  • 03-3206-6556  受付時間:平日 9:00〜17:30
  • 資料請求 お問い合わせフォーム (新しいウィンドウでページを開く)
ケース2

複数の収納代行・決済会社を使っていて業務が煩雑な通販事業者

ポイント
ポイント 閉じる

決済会社の一本化による業務効率化の成功事例

  • クレジットカード決済はA代行会社
  • コンビニ収納代行はB代行会社
  • ゆうちょ銀行・郵便局支払いはゆうちょ銀行と直接契約
  • 口座振替はC代行会社

上記のように、決済手段別に異なった代行会社と契約をしている通販事業者は結構多くいらしゃいます。

契約やシステム、お問い合わせ窓口もバラバラなので業務対応も煩雑。
効率的に業務を進められないということは、通販事業者にとっての「コスト」を増やしてしまっているといえます。

解決のカギ 収納代行・決済会社を1社にまとめて業務効率化によるコスト削減を!

決済手段ごとに別々だった代行会社を1つにまとめると、お問い合わせ先の窓口も1本化され、その分お問い合わせの対応時間も短縮されますので、業務効率化を実現することができます。

結果、従業員の稼働時間が短縮され人件費の圧縮だけでなく、捻出できた時間でお客様対応やサービス改善など本来人がやらなければならない作業に時間をさけます。

電算システムでは、各種決済サービスを幅広く提供しておりますので、事業者様に必要な決済をワンストップでご提供することができます。

電算システムのご提供サービス

多岐にわたる収納代行・決済サービスをワンストップでご提供しております。

収納代行・決済会社の一本化によるコスト削減について詳しく知りたい方は、
まずはお問い合わせ下さい。

収納代行・決済会社の一本化によるコスト削減について詳しくご説明させていただき、
事業者様にとって最適な決済方法をご提案いたします。

  • 03-3206-6556  受付時間:平日 9:00〜17:30
  • 資料請求 お問い合わせフォーム (新しいウィンドウでページを開く)
ケース3

債権保障付決済、前払い決済でコストがかかっていた通販事業者

代金未回収のリスクを考えると後払い決済の導入には、なかなか踏み切れない事業者様も多いのではないでしょうか。
しかし、クレジットカード決済などの債権保障がついている決済はリスクがない分、手数料が高いものです。

また、コンビニ決済や銀行振込などの前払い決済は入金確認後の商品発送になるため、注文後お客様のお支払いが完了するまで、商品を確保しておかなければいけません。
面倒な商品確保管理をしなければいけないので、管理コストが発生します。

このコスト、もったいないですよね?

解決のカギ 思い切った後払い決済の導入で、コスト削減に成功!

未回収のリスクへの適切な対処が必要ではありますが、手数料や在庫の管理コストを考えると、後払いの決済を導入するのも一つの方法です。

後払いはコストを削減するだけでなく、お客様の購入ハードルを下げますので、新規のお客様の利用増加やトライアルキットから定期購入を増やすきっかけにもなります。

リスクを心配するだけではなく、全体的なコストを考えて決済を選ぶことも重要です。

後払い決済に最適な収納代行サービス

後払い決済にはコンビニ収納代行やゆうちょ振替MTサービスがお勧めです。

最適な決済方法がわからないという方は、まずはご相談下さい。

担当者が事業者様の取り扱い商材や販売戦略などをヒアリングさせていただき、最適なご提案をいたします。

  • 03-3206-6556  受付時間:平日 9:00〜17:30
  • 資料請求 お問い合わせフォーム (新しいウィンドウでページを開く)