決済代行(収納代行)会社が提供する決済には様々な種類があります。
購入者が商品を購入しようとしたサイトなどで、使いたい決済が用意されていなかった場合、そのサイトで商品を購入することをやめてしまう方も一定数いらっしゃいます。
そのため、顧客のニーズをふまえ、最適な決済を用意しておくことが非常に重要となります。 
まずは代表的な決済について見てみましょう。

名称 支払いの方法 決済代行会社での取扱サービス名
(電算システムの場合)
コンビニ支払い
(払込票タイプ)
払込票を使用して、コンビニのレジで代金を支払う コンビニ収納代行サービス
コンビニ支払い
(支払番号タイプ)
コンビニに設置された店頭端末を操作し、発券された用紙をレジにて提示し代金を支払う(一部、用紙の発券が不要なコンビニもあります) 電子バーコードマルチ決済サービス
ゆうちょ支払い
(払込票)
払込票を使用して、郵便局窓口、ゆうちょ銀行で代金を支払う ゆうちょ振替MT代行サービス
クレジットカード決済 Webサイトにクレジットカード情報を入力し、オンラインで決済をおこなう クレジット決済代行サービス
電子マネー・ネットバンク決済 電子マネーやネットバンク等により、オンラインで決済をおこなう 電子バーコードマルチ決済サービス
アプリ決済 スマートフォンにインストールした専用アプリを使用し、オンラインで決済をおこなう アプリ決済サービス
口座振替 あらかじめ指定した銀行口座からの引き落としにより、代金を支払う 口座振替サービス

どのような決済方法がマッチするかは、業種、業態、取扱商材、商品の提供方法(商品発送/オンライン提供など)、請求サイクル(スポット/定期など)、顧客属性(新規/既存、性別、年齢層、ライフスタイル等)によって異なってきます。
利用者の属性にマッチする決済を用意しておくと、新規購入における心理的ハードルを下げたり、定期購入の継続率を高めるといったことにもつながります。
例えば、新規購入のお客様向けに、商品がお客様の手元に届いてから支払いをおこなうことができるコンビニ払い(払込票)を用意しておくことは、購入時の心理的ハードルを下げることにつながります。

また、定期購入のお客様向けに、自動的に代金が引き落とされる口座振替や、カード情報の登録により支払いの手間を簡略化できるクレジットカード決済を用意しておくことは、定期購入の継続率を高める(解約を防ぐ)ための一助にもなります。
利用顧客の属性(年齢層、性別、ライフスタイル等)によって、好まれる決済も異なってきます。
あらゆるポイントを考慮し、自社に最適な決済の選定を進める必要があります。

どのような決済がマッチしているか、どれを選んだらよいか分からない場合には、決済代行(収納代行)会社にお気軽にご相談、お問い合わせください。